経営を強化できるベンチャーサポートに頼ってみよう

集客のポイントや決済方法

会議

決済方法の豊富さの利点

小売業や飲食店業、またさまざまなサービスを顧客に提供するビジネスを行う上で重要となってくるのが決済方法です。現在でも現金決済は基本ですが、現金以外の決済方法も登場しそれらの決済方法に対応しているかどうかが、集客にも影響が出てきます。現金についで決済方法として多いのがクレジットカード決済で、現代では大手から中小のお店でも利用ができるようになっています。クレジットカード決済を利用するためには、2つの方法があり、1つは直接、クレジットカードの国際ブランド加盟店となる方法と、もう1つが決済代行会社を使う方法です。直接加盟店になるためには審査を受ける必要があり、簡単には加盟することが困難です。手数料が安いのが魅力ですが、加盟するのにはハードルが高いですし、何よりも国際ブランドごとに端末を設置しなければならないといった煩雑さがあります。このため主流となっているのが決済代行会社を利用する方法です。この場合、決済代行会社複数の国際ブランドのクレジットカード決済を行うことができますし、クレジットカード決済以外にも電子マネー決済にも対応しており、1台の端末で対応できるメリットがあります。一方で手数料が高めに設定される傾向にありますが、利用者頻度が多い場合やクレジットカード決済以外の決済方法を提供したいといった場合には1社との契約でサービスを提供することができるので有利ですし、また入金処理も一括して行うことができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加